一戸建て人気情報

白基調の部屋

現在一戸建てには2種類があります。建て売り住宅は不動産やビルダーが前もって仕入れた土地に新築住宅を建て、土地と一緒に販売する住宅です。一方建て主が、好きな住宅をオーダーして建てること注文住宅といい、

自由にコーディネート出来ることが最大のメリットです。

現状では団塊ジュニア世代の、手間が少なくお手頃な建て売り住宅の需要が増えています。一から注文するという手間を省きより手頃に建てられる所が人気が上がっている要因の一つになっています。

一戸建てのメリット
隣戸と離れた独立の建物ですので、生活騒音を気にすることなく、自由な暮らしをおくることができるのが何よりのメリットです。

一戸建て住宅には、あらかじめ生活の利便性を検討して設計された建売住宅と、施主の希望を反映した間取りや設備で建設された注文住宅がありますが、理想のマイホームを実現できるとして、後者は特に人気があります。

一戸建て住宅の施工に当たっては工務店、またはハウスメーカーに依頼する方法がありますが、それぞれに特徴があるため、十分な検討を行うことが必要です。

注文住宅のメリット

homeの文字と家

注文住宅は自分の好きなようにこだわることができるというのが最大のメリットです。一般的に高価だと思われがちですが、自分のこだわりたいところにはお金をかけ、必要のないところにはお金をかけないということができるので、価格を安く済ませようと思えばいくらでも削ることはできます。

不動産業者との打ち合わせなどに時間がかかりますので、既成住宅よりも時間はかかりますが、満足のいく一戸建てを手に入れることができます。

マイホームについて
一戸建てとは人生においてとても大きな買い物の一つです。

まず、マイホームを購入しようと思った時には土地を探すために不動産に行かなくてはいけません。そして、土地が決まると建物をどうしようか決めます。そこで、注文住宅にする人やある程度決まった間取りで選んでいく方法やたくさんあります。人生に一度しかない大きな買い物なので後悔しないようによく考えて家族や工務店の人やハウスメーカーの人たちとしっかり話し合って進めていかなくてはいけません。

注文住宅とは

地球儀のある部屋

家主である施工主が個人設計事務所や工務店に設計を依頼し、自己の所有する土地に建築する一戸建てを指します。

土地と建物がセットで販売される分譲住宅とは異なり、完成時の状態を事前に把握することが難しいため、設計図を見ただけである程度外観を推測出来る程度の建築知識が求められます。

日本で販売されているほとんどの住宅は最初から間取りなどが決まっていますが、注文住宅は完全オーダーメイドであるため、間取りはもちろん使用する建材の質に至るまで全てに自分の意思を反映させられます。

通常のハウスメーカーが忌避する不動産としての価値が低い狭小地に住宅を建てられることも、注文住宅ならではの特徴です。

注文住宅の手法
不動産としての土地を先に購入し、注文住宅の一戸建てを建てようとした場合、和風と洋風の様式上の分類を選択しなければなりません。次に、工法上の分類で在来工法、プレハブ住宅、ツーバイフォー住宅の分類から選ぶ必要があります。

バリエーションがあるので、それぞれの分類について研究して選べるようにしておかなければなりません。

在来工法の住宅は、和風住宅を造るのには最も適している工法です。プレハブ住宅とツーバイフォー住宅は、工場で部材を生産しているか、規格化されたパネルを組み立てるもので現場の工事が少ないものです。